気配りができる人、できない人の特徴とは?間違えやすい言葉との違いも解説

ECブログ

言葉できちんと伝え合う欧米に比べ、言葉にならない部分を互いに「察する」ことでコミュニケーションが進む日本では、「気配り」できる能力が重んじられます。とはいえ、大切さが説かれる一方で、どうすれば気配りができるようになるのか、手順や方法をきちんと学んだことがあるという人は多くありません。そうした中で、なぜ気配りができる人とそうでない人の差があるのでしょうか。気配りができる人は普段何をしているのかを含めて、詳しく見てみましょう。

目次△▼△

 

 

気配りの意味とは?

気配りとは、他者の感情やニーズを敏感に察知し、それに応じた行動をとることをいいます。

具体的には、相手の立場を理解し、その人にとって「最善」となる方法を考え、実行するというプロセスで、発揮される能力のことです。

気遣いとの違い

「気配り」と「気遣い」はよく似ていますが、同じではありません。気配りは、他者のニーズを察知し、それに応じて行動することである一方、気遣いは、他者の感情や状態に注意を払い、心配をすることを表します。客人へのおもてなしやサービスには「気配り」が適しており、相手の体調や健康を心配する場合に「気遣い」が使われやすいという違いがあります。

心配りとの違い

「心配り」は気配りと比べて、今まさに目の前にいる相手の感情を深く理解し、寄り添うような対応といった意味合いが強く、一方の気配りには、これから起こることに対して先回りして準備をしたり、全般的なニーズへの対応をすることをいいます。

目配りとの違い

「目配り」は、言葉どおり視覚的な情報に基づいて、周囲の状況を的確に把握し、対応をとることをいいます。気配りはこれに加えて、視覚以外の要素もふくめて総合的に察して動く行動をも含んでいます。

配慮との違い

「配慮」は、他者の気持ちや状況をおもんぱかり、それに基づいた行動をとることをいいます。気配りは配慮と共通する部分が多いですが、配慮に比べて気配りのほうが、より積極的な反応や行動を伴います。

気配りができることによるメリット

気配りができるようになると、人間関係が改善し、コミュニケーションがスムーズで楽になります。また、周囲からの信頼を得やすくなることで、チームの連帯や協働性の向上に貢献できるとともに、自身の働く喜びもアップするでしょう。

コミュニケーションの効率化

言葉にならない他者のニーズや期待を推察し、その場に適した方法で実行することは、相手の困りごとの解決に役立ち、満足を高めることにつながります。チームであれば、周囲から「気が合う人だな」「安心して仕事ができそう」などの好感をもたれ、相互信頼の関係性が築かれることによって、互いの頭や心の中にあることを時間をかけずに「分かち合える」ようになります。また言葉足らずによる誤解も減り、コミュニケーションが効率化します。

ストレスの軽減

共感や信頼で結ばれる良好な人間関係が築かれることによって、対人関係のストレスが軽減されます。ネガティブな言葉や態度を受けることが減り、ポジティブな反応を得ることが多くなることによって、心理的な安定感が得られるようになるでしょう。

気配りができる人の特徴

気配りができる人は共通して「共感力」が高く、「観察力」に優れています。具体的にその特徴を見ていきましょう。

共感力が高い

気配りができる人には、そうでない人に比べて、言葉にならない他者の感情や立場を理解し、自分の感情を寄り添わせ、共感的な反応を示す能力があります。その共感力の高さによって、

相手がうまく言葉に表現できない気持ちを分かってあげることができたり、相手が本当に必要なものを提案することができることによって、深いつながりを築くことができます。

観察力が鋭い

言葉による説明が少ない状況では、相手の表情や声のトーン、体の動きなどの行間を観察することで、細かい変化やサインを見逃さないことが重要になります。他の人では見過ごしてしまう小さなサインに気づく鋭い観察力によって、周囲の人の見えないニーズを的確にとらえ、適切な提案や対応をすることが可能になります。

主体的に行動できる

相手が要望しそうな事柄を事前に察知し、先回りして準備や対応をとることにより、他の人よりも、主体的かつ積極的な対応をとることができます。指示待ちではなく、自ら気づき、工夫して実行する主体的な行動は、周囲を助け、意欲を引き出すなどチーム内のポジティブな循環を起こすことにもつながります。

謙虚な姿勢

自分さえよければいいという自分中心の考え方や態度では、相手の気持ちを適切に推し量ることはできません。気配りができる人は、どうすれば周囲に役立てるだろうか、という謙虚な姿勢をもち、常に他者の意見や感情を尊重しようとします。その謙虚でやわらかな姿勢が、周囲に安心感を与え、穏やかな人間関係を築くベースとなります。

気配りができない人の特徴

気配りができない人の共通点は、興味や関心が「自分」に寄り過ぎていて、周りがよく見えていないこと。他者の感情やニーズに無頓着であり、いい意味でマイペースですが、時には無意識のうちに周囲を傷つけることもあるのが特徴です。

自己中心的に行動する

気配りができない人は往々にして、自己中心的な態度や行動をとりがちです。

日常では、他人の話に耳を傾けることが少なく、自分が話したい話題ばかり、自慢話ばかりする傾向があります。チームの話し合いや会議でも、しばしば全体の状況や周囲のニーズに配慮せず、自分の欲求や意見が「絶対に正しい」という態度で臨むため、「空気が読めない人」と評価されがち。また問題が起きた時には、真っ先に原因を他人や環境に求める他責の姿勢をとるため、周りから信頼されず、人間関係に問題を引き起こすことがあります。

他人に興味がない

そもそも他者に対する関心が低いのも、気配りができない人の特徴の一つです。

他人と関わることが煩わしい、面倒くさいという考えをもとに意識してそうしているタイプと、そもそも自分にしか関心がなく、結果的に他者に向ける関心が薄くなるタイプがあります。いずれにせよ、相手の感情や状況に対する理解が不足しており、往々にして周りの人から「冷たい人」「気配りが足りない人」という評価を受けがちです。そのため、人との深いつながりを築くことが難しくなる場合が少なくありません。

気配りができるようになる方法

気配りは「他者の視点や立場を理解しよう」という意識をもち、自分の行動を同調、調整することから始まります。意識して積極的に耳を傾けるアクティブリスニングを実践し、周囲の人々のニーズや感情を推し量り、その反応を見極めようとする習慣が必要です。

周りをよく観察する

周囲の環境や人々の行動、表情などに関心を向け、注意深く観察することで、ふだんは気づかなかった他者のニーズや感情を理解しやすくなります。この観察力が、気配りの基本的なスキルとなります。

相手目線にたって物事を考える

そうした観察の上に、相手の視点や立場に立って物事を考え、その気持ちに心を寄せることで、「今、何を必要としているのか」「何に困っているだろうか」ということが推し量れるようになります。自分中心の視点で、独りよがりに相手の状況を「〇〇なはずだ」と決めつけるのではなく、相手中心の他者ファーストの視点で全体を見通し、自分に求められているものは何かを考える。この視点の転換が、効果的な気配りを可能にします。

感情を適切にコントロールする

いくら観察力や相手中心の視点を心掛けていても、ストレスやイライラで自分の感情が乱れていたら、せっかくのスキルが発揮できません。また気力・体力が消耗している中では、気配りにかけるエネルギー自体が足りなくなります。そのため、自分の感情を理解し、怒りや悲しみ、不安に振り回されることがないよう、適切にコントロールできるよう心がけましょう。そうすることで、他者を思いやる「心のゆとり」を確保しやすくなり、常時気配りのできる環境づくりが可能となります。

まとめ

デジタル技術が進み、あらゆることの見える化が進む中、言葉にならない人間の感情やニーズをくみ取り、共感し、その場に応じた気配りをすることは、「人間にしかできない能力」として、これからますます重要になるでしょう。気配りができる人には、共通した考え方や行動のパターンがあります。そうしたパターンがあるならば、自分の中にその考え方や行動を習慣づけ、実践することで、気配りができるようになるはずです。できる人の特徴を見極め、そのパターンに学びながら、「気配りができる人」へと自分を前向きに変えていきましょう。

気配りができる人、できない人の特徴とは?間違えやすい言葉との違いも解説のおすすめ書籍はこちら

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ