玉井 仁【著】7つの感情 ―― 知るだけでラクになる【予約販売・2月中旬発売予定】
商品情報
玉井 仁【著】7つの感情 ―― 知るだけでラクになる【予約販売・2月中旬発売予定】

ネガティブな感情は悪くない? 実はあなたの味方だった!

玉井 仁 著

四六判・並製 192頁

ISBNコード:978-4-89639-286-9

商品説明
本商品は予約販売です(2月中旬発売予定)。
納品され次第、発送いたします。今しばらくお待ちください。
なお、予約販売の期間中に一緒にお買い求めになった他の商品は、準備が整い次第、先に発送いたします。

怒り・不安・恐怖・悲しみ・抑うつ・寂しさ・罪悪感……
ネガティブな感情に振り回されて、心が苦しくなっていませんか?


 

 

ネガティブな感情を正しく理解し、味方につける!

ネガティブな感情をもつと、心に余裕がなくなるだけではなく、そんな自分を嫌いになってしまうことさえあります。
このように、ネガティブな感情は一見すると悪いもののようですが、実はそれらの感情が自分を守ってくれている側面もあるのです。

本書は、正しい対処法を身につけることで、感情を味方につけることをめざします!

著者は、臨床心理士・公認心理師として長くカウンセリングに携わってきた玉井仁(たまい ひとし)さん。
心を穏やかに整えたい人のための「心のトリセツ」として、おススメの一冊です。
 

主な内容

はじめに

プロローグ あなたを振り回す ″感情たち“

  • 感情は自分の状況を教えてくれるアラーム
  • 感情への思い込みが邪魔をする
  • どうしたらよいのか分からなくなる
  • 過去の体験の影響
  • 心の中に育つプラスとマナナスの芽
  • 私たちに大きく影響を及ぼす感情たち

第1章 怒り 自分を大切に守るアラーム

  • エネルギーをもたらすプラスの側面
  • 「私」は「私」という境界線を
  • 「怒り」への違和感を植え付けられた子供の不幸
  • 人との関係を深めたい欲求の現れ
  • あなたはどのタイプ?
  • 感情を数値化して観察する
  • 怒りがコントロールできずに離婚に至るパターン
  • 怒りの対処法
  • 事例 怒りの矛先が子供に向いてしまう母親

第2章 不安 未来への備えを促すアラーム

  • 多くの活動は不安に支えられている
  • 保証のない世界に生きているから
  • 現実的な不安・お化けの不安
  • 不安への対処法
  • 高まった不安は必ず収まる
  • 事例 考えすぎから自由になれない女性
  • 不安との付き合い方

第3章 恐怖 危険への対処を促すアラーム

  • 未来に向かう「不安」、今に向かう「恐怖」
  • 恐怖を意識する
  • 価値観によって異なる恐怖
  • 適度に距離を置く
  • 夜中、いるはずもない人影が見える
  • 事例 車を運転できなくなった女性

第4章 悲しみ 大切なものとの繋がりを確かめるアラーム

  • 世界をモノクロ化してしまう「悲しみ」
  • 悲しみを人と分かち合う
  • 悲しみを感じてみる
  • 凜とした強さと優しさ
  • 価値観との別れ
  • 適度な距離感をとる

第5章 抑うつ 心のエネルギー不足を知らせるアラーム

  • 心のエネルギーが枯渇したときに出てくる感情
  • エネルギーの残量に気づく
  • 休息や楽しみが栄養補給
  • 助けを求める
  • 自分と仲良くなる
  • 自分の中にあるルールを明らかにする

第6章 寂しさ 絶対的な欠如を知らせるアラーム

  • 絶対的欠如を示す感情
  • 寂しさは誰もがもつ感情
  • 心を満たしてくれるもの・つながりを感じさせるもの
  • 寂しさの大きさ「大人の寂しさ」「無限の寂しさ」
  • 寂しさはごまかしにくい
  • 事例 食べることで寂しさを埋めていた女性

第7章 罪悪感 思いやり・過剰な自己責任のアラーム

  • 人間関係を良くするために働く感情
  • 「あなたのせいで」と言われ続けてきた子供
  • 規範の一線を越えるときに鳴らされる警告
  • 謝る・許すの難しさ
  • 抑圧された罪悪感を示す人について
  • 罪悪感への対処法
  • 罪悪感に苦しんでいる人への関わり方
  • 事例 自分を止められない女性

エピローグ 7つの感情を味方に セルフ・コンパッション

  • ガマンできるかできないか
  • 苦手な感情をどうコントロールするか
  • 葛藤を知る
  • 決断する
  • あるがままに受け止める

 

著者略歴


玉井 仁(たまい ひとし)

臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士。玉井心理研究室主宰。ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン卒業。NPO法人青少年自立援助センターの創設スタッフとして勤務後、立正大学大学院(臨床心理学)修了。公的機関にて教育相談員として勤務の後、病院精神科などの現場にて心理援助に従事し、カウンセラーとしての実績を積む。
著書にベストセラーになった『マンガでやさしくわかる認知行動療法』(ISBN978-4-8207-1946-5)などがある。

 

おすすめ書籍