髙巖【著】なぜ企業は誠実でなければならないのか

髙巖【著】なぜ企業は誠実でなければならないのか
商品情報

髙巖【著】なぜ企業は誠実でなければならないのか

真の企業ブランド価値とは何か?誠実さが競争力に変わる

髙 巖 著

B6変型判 128頁

ISBNコード:4-89639-121-7

商品説明

真の企業ブランド価値とは何か?誠実さが競争力に変わる

なぜ企業に不正が頻発するのか、だれが悪いのか。解決策はどうすればよいのか。これらの疑問にCSR(企業の社会的責任)研究の第一人者が的確に答える。

<主な内容>

・企業倫理が求められている

・悪循環を繰り返してきた過去

・行政と政府が変わり始めた

・消費者が市場を変え始めた

・投資家が市場を変え始めた

・企業が持続可能な社会をつくっていく

・「誠実さ」を貫く経営

                      ほか

【著者略歴】

髙 巖(たか いわお)

昭和31(1956)年、大分県生まれ。麗澤大学外国語学部卒業、早稲田大学商学研究科博士課程修了(商学博士)、米国ペンシルベニア大学ウォートンスクール客員研究員。ISO高等戦略諮問会議委員、内閣府国民生活審議会委員、経済産業省産業構造審議会委員、国土交通省地域づくり戦略研究会主査、経済産業省総合資源エネルギー調査会委員、国土交通省公共交通ヒューマンエラー対策委員会アドバイザーなどを歴任。現在、麗澤大学国際経済学部教授、同大学企業倫理研究センター長。著書に、『「誠実さ(インテグリティ)」を貫く経営』(日本経済新聞社)、『コンプライアンスの知識』(日経文庫)などがある。

関連商品

★髙 巖・清水千弘 著『AIビジネスの基礎と倫理的課題』

 
★『月刊三方よし経営』(令和4年9月号)の<著者が語る>に、髙 巖さんが登場!

ページトップへ