人生の転機 オンデマンド版
商品情報
人生の転機 オンデマンド版

廣池千九郎の生涯

井出 元 著

四六判 296頁

商品説明

廣池千九郎の「人生の転機」を、その内面における精神的な高まりを中心にとらえ、廣池千九郎の人間性を浮き彫りにする。

【主な内容】

プロローグ

第一章 広池千九郎の人間像
•学んで至る
•側近の人が語る広池千九郎博士の人間像
•もう一つの問い
•青年期における広池千九郎の活動の原動力

第二章 道を求める―「誠の体験」―
•「二見今一色の体験」―二つのエピソード
•「誠の体験」とは
•天理教入信の意義―二つの発見―
•まとめ―モラロジー教育の原点―

第三章 人生の意味を自覚する―「大正元年の大患」―
•「大正元年の大患」とは
•学者・教育者としての意識の深まり
•素朴な教え―生命ある言葉―
•まとめ―人類の救済

第四章 窮地を乗り切る―「大正四年の困厄」―
•天理教本部入りの決意と波紋
•「大正四年の困厄」とは
•天理教教祖への憧憬―天理教教祖の生涯に一貫する核心―
•まとめ―「慈悲寛大自己反省」の精神
•追記

第五章 晩年の心境―「栃尾又の大患」―
•「栃尾又の大患」とは
•大正元年より二十年の歩み―「モラルサイエンス」と宗教とのかかわり―
•救済者としての自覚
•まとめ―「モラロジーの父」―

終章 教えの生命―広池千九郎博士の生涯に一貫する核心―

あとがき―絶筆をめぐって―
•付録I  広池千九郎博士の東洋研究に関する主なる著書・論説
•付録II  孔子と広池千九郎―信仰と道徳―
•付録III 「モラロジーの神壇」について
•付録IV  最晩年の教訓
 

【著者略歴】
井出 元(いで はじめ)

昭和22年生まれ。麗澤大学外国語学部卒業、東北大学大学院修士課程修了(中国哲学専攻)。現在、公益財団法人モラロジー道徳教育財団副理事長、廣池千九郎記念館館長、道徳科学研究所客員教授、麗澤大学特別教授。著書に、『廣池千九郎の遺志』(モラロジー研究所)、『廣池千九郎の思想と生涯』(同)、『人生に活かす老子』(致知出版社)、監修に『中国における人間性の探求』<共著>(創文社)、「10代からよむ中国古典」全3巻「『論語』にまなぶ人間の品位/『礼記』にまなぶ人間の礼/『老子』にまなぶ人間の自信」(ポプラ社)などがある。