『モラルBIZ』第34号(令和3年1月号)
商品情報
『モラルBIZ』第34号(令和3年1月号)

人事評価との向き合い方 ――自分の努力はいつも正しい?

商品説明

【関連商品】初めての方にはこちらがおススメ!

【主な内容】

テーマ 人事評価との向き合い方 ――自分の努力はいつも正しい?

評点が高いとうれしくなる人事評価。自分の努力が認められたと感じる瞬間でもあるでしょう。一方で、自分の努力が思ったほど評価されていないと感じる場合もあるかもしれません。そんなときは、その人事評価をどのように受けとめればよいのでしょうか。

<まんが>
・人事評価との向き合い方 ――自分の努力はいつも正しい?

<格言に学ぶ人間力 34>
・天爵(てんしゃく)を修めて人爵(じんしゃく)これに従う

<モラビズ大学 28>
・目標設定に役立てたい「SMARTの原則」/ 中小企業診断士 有川真哉

<ニューモラル 心のクローバー>
・今月のキーワードは「受け入れる」

<気配り上手でいこう! 22>
・心に届くお礼状の書き方 / カレーハウスCoCo壱番屋創業者秘書 ベストセクレタリー 中村由美

<大人のためのこころのドリル 33>
・働く喜び / 監修:経営研究所ワンナップ代表 原 孝司

<未来をひらく人間力>
・会社がつまらないと思うとき / 『未来をひらく人間力』モラロジー研究所刊
 

【関連商品】

本書が含まれるセットはこちら

『「道徳の本屋さん」オリジナル看板雑誌 あなたのお気に入りをみつけて♪セット』

「道徳の本屋さん」初めての方限定商品!
「道徳の本屋さん」いち押しのオリジナル看板雑誌の中から、それぞれ最新号をセットにして、通常注文時の価格1,230円(本誌代1,030円+送料200円)のところ、送料を含めて税込1,000円の特別価格でご提供します!
そっと心に寄り添う「道徳の本屋さん」オリジナル看板雑誌たち。どうぞお試しください!

◆現在販売中のセットでお届けする内容は、下記のとおりです。
『モラルBIZプレミア』令和3年1月号 
 【シリーズ『原論』を読む①】企業の繁栄は人づくり経営にあり/ 公益財団法人モラロジー研究所 企業センター副センター長 藤井 大拙 
『ニューモラル』617号(令和3年1月号)

 特集テーマ:勇気ってなんだろう
『モラルBIZ』第34号(令和3年1月号) 
 特集テーマ:人事評価との向き合い方――自分の努力はいつも正しい?
『れいろう』令和3年1月号 
 特集テーマ:ウィズコロナ時代の「孝行」
 
◆お支払い方法は「クレジットカード払い」「webコンビニ払い」のみとなります。
◆当セットはクロネコDM便を利用し、指定送付先の郵便受けにお届けします。
送料無料のチャンスです!
 キャンペーン商品と一緒に他の商品をお買い求めいただくことで、送料無料となります。
 (代引き・日付指定はご利用になれませんので、ご了承ください)


社内研修のテキストにもおススメします!

【「モラビズ研修」を始めませんか? 】

月刊誌『モラルBIZ』(略して「モラビズ」)をテキストに使った、従業員のビジネスモラルとモラールを高める研修会です。


働きやすい職場づくりは、一人ひとりの心づかいから。『モラルBIZ(ビズ)』は、看板雑誌『ニューモラル』の姉妹誌としてその持ち味を生かしつつ、「職場のモラル」や「働くことの意味」等“働く人”を対象としたテーマに特化し、社内勉強会でもご活用いただけるよう、誌面に工夫を加えたものです。
購読者専用サイト「モラビズネット」では本文の朗読音声をはじめ、関連資料等、社内勉強会をサポートする視聴覚コンテンツを提供しています。
社員教育に。仕事に悩んだときに。新社会人へのプレゼントに。一人ひとりの職場生活の充実や、よりよい企業風土づくりに向けてぜひご活用ください。

 

「ビジネス朝礼で使える!ちょっといい話」はこちら!