『モラルBIZ』第33号(令和2年12月号)
商品情報
『モラルBIZ』第33号(令和2年12月号)

テーマ 有給休暇の生かし方とは? ――イキイキと働ける風土づくりのために

商品説明

【関連商品】初めての方にはこちらがおススメ!

【主な内容】

テーマ 有給休暇の生かし方とは? ――イキイキと働ける風土づくりのために

年間で最低5日の取得が義務付けられた有給休暇。「仕事が忙しくて、休みなんて取る暇はない」と思っているあなたにこそ、考えてほしい。イキイキと働くための有給休暇の生かし方を──

<まんが>
・有給休暇の生かし方とは? ――イキイキと働ける風土づくりのために

<格言に学ぶ人間力 33>
・動機と目的と方法と誠(まこと)を悉(つく)す

<モラビズ大学 27>
・意見の対立を解消する技術/ 中小企業診断士 山崎健一

<ニューモラル 心のクローバー>
・今月のキーワードは「支え合い」

<気配り上手でいこう! 21>
・贈り物に心を添えて / カレーハウスCoCo壱番屋創業者秘書 ベストセクレタリー 中村由美

<大人のためのこころのドリル 32>
・自分が変わる / 監修:経営研究所ワンナップ代表 原 孝司

<未来をひらく人間力>
・会社の先人・先輩に安心を与える / 『未来をひらく人間力』モラロジー研究所刊
 


社内研修のテキストにもおススメします!

【「モラビズ研修」を始めませんか? 】

月刊誌『モラルBIZ』(略して「モラビズ」)をテキストに使った、従業員のビジネスモラルとモラールを高める研修会です。


働きやすい職場づくりは、一人ひとりの心づかいから。『モラルBIZ(ビズ)』は、看板雑誌『ニューモラル』の姉妹誌としてその持ち味を生かしつつ、「職場のモラル」や「働くことの意味」等“働く人”を対象としたテーマに特化し、社内勉強会でもご活用いただけるよう、誌面に工夫を加えたものです。
購読者専用サイト「モラビズネット」では本文の朗読音声をはじめ、関連資料等、社内勉強会をサポートする視聴覚コンテンツを提供しています。
社員教育に。仕事に悩んだときに。新社会人へのプレゼントに。一人ひとりの職場生活の充実や、よりよい企業風土づくりに向けてぜひご活用ください。

 

「ビジネス朝礼で使える!ちょっといい話」はこちら!