『ニューモラル』607号(令和2年3月号)
商品情報
『ニューモラル』607号(令和2年3月号)

「つながり」を 感じる心

商品説明

【関連商品】
☆初めての方にはこちらがおススメ!

【テーマ】「つながり」を感じる心

私たちの日常は、多くの「つながり」に支えられて成り立っています。
例えば、家族や友人、職場や近所の人など、「顔の見える間柄」の人たちとのつながり。広い意味での「同じ社会」に生きる人たちとのつながり。また、親祖先や先人たちとの、時代を超えたつながり。さらには、自然環境とのつながり……。そうした「つながり」に心を向けることは、私たちの人生にとって、どんな意味があるのでしょうか。

【今月の言葉】親を通して大自然とつながる

私たちが存在するのは親祖先に「いのち」を与えられたおかげであることは、いうまでもありません。肝心なことは、そこにどんな「心のつながり」があるかです。
親祖先から受ける恩。そこには「生み育てる」という、大自然のはたらきに通じる心づかいがあります。その恩を忘れたとき、人は「根を失った草や木」と同じ状態になるのではないでしょうか。
私たちが親祖先に心を向けるとき、親を通して大自然とつながることができます。「生み育てる」という心を受け継いで、次の世代にもつないでいきたいものです。

 

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

定期購読のお申し込みはこちらから!