愛と絆で命をつなぐ「防災道徳教育」
商品情報
愛と絆で命をつなぐ「防災道徳教育」

今すぐ取り組む防災アクション

鎌田 修広 著

A5判 48頁

商品説明

防災に最も必要なもの――それは道徳心!

思いやりや譲り合いの心を持つ人は、災害時にも「人間としての強さ」を発揮する。防災のプロが語る、今すぐやるべき「備え」とは。

【主な内容】

一、なぜ「防災」に「道徳」が必要なのか――愛と絆があってこそ

二、「減災コミュニティ」こそ最大の備え――互助・共助を考える

三、消防活動の実際――公助を考える

四、愛の「見える化」で防災アクションを――家族愛・隣人愛・郷土愛

五、災害心理と闘うために――アクションにつながる三条件

六、実践! 防災道徳教育――家庭・地域・企業の取り組み

七、有事の際に後悔しないために――生きざまを残す「家訓」

【著者略歴】

鎌田 修広(かまた のぶひろ)
昭和44年(1969)、神奈川県生まれ。日本体育大学体育学部社会体育学科卒業。在学中にはトライアスロン部を創設し、初代主将を務める。平成5年、政令指定都市の消防局へ入局。14年、消防訓練センターの体育訓練担当教官となり、消防庁消防大学校でも「消防体育訓練」の講師を務める。23年に退職し、防災研修や人材育成等を行う株式会社タフ・ジャパンを設立、代表取締役となる。著書に『消防筋肉』『消防メンタル』(イカロス出版)がある。

関連商品のご紹介

※画像をクリックすると商品ページへ移動します

現場で役立つ実践的指導資料をめざした「道徳教育シリーズ」と、話し合い学習を円滑にすすめていくための心づかいと手法について書かれた「ファシリテーションのすすめ」のご紹介

山口権治【著】『不登校・いじめを起こさない集団づくり――ピア・サポートに学ぶ』



 

北川 治男【著】『「対話する道徳」をめざして――人生の意味の探求』



 

野口 芳宏【著】『人物に学ぶ道徳授業――モラロジーの教育観に立って』



 

鈴木 まり子【著】『ファシリテーションのすすめ――人をつなぐ 心をつなぐ』