『れいろう』令和4年6月号
商品情報
『れいろう』令和4年6月号

人を育てる親心 ── すべてのいのちを尊重する

商品説明

今月の表紙:令和4年6月号「新橋色」(表紙絵:おのでらえいこ)

派手好きな新橋芸者が、とりわけ好んだことで名付けられた「新橋色」とは、少しくすんだターコイズブルーのこと。明治の頃に導入された化学染料が、この色の布への染色を可能にした。重苦しい梅雨期の空の下で、水気を含んだ木々や草の緑が、日本のターコイズブルーの色に世界を染め上げている。
 

人を育てる親心 ── すべてのいのちを尊重する

慈悲の心を育むことが、私たちの人生を豊かにするのなら、すべての人に対し、愛情を持って接することが大切ではないでしょうか。では、私たち一人ひとりがどのようなことを心掛ければよいのか“親心”をヒントに学んでいきましょう。

【主な内容】

<父を憶う>  
人のお役に立つような人になれ / 藤岡知恵子

<世界に誇る Made in Japan 5>  
和食器 / ㈱和える 代表取締役 矢島里佳

れいろうカレッジ> 今月のテーマ:人を育てる親心 ── すべてのいのちを尊重する

  • 【1限目 歴史】 
    偏った親心で一族を滅ぼした豊臣秀吉 / 歴史作家 河合 敦
  • 【2限目 道徳】 
    大切なのは芽生えた慈悲心を育てること ── 日常生活で必要な心掛け / モラロジー道徳教育財団生涯学習講師 内海康子
  • 【3限目 誌上ゼミナール】 
    形に怒ることあるも心に怒ることなし 廣池千九郎に学ぶ ── 叱られると気持ちが素直になって自然と反省する心に / 本誌 編 
  • <今日から始める自分磨きの習慣 102>
    謝りたいのですが、素直になれません / 三枝理枝子

    <おうちで楽しむ和の行事 18>
    時の記念日 / 三浦康子

    <勇気づけ自分育てであなた色の人生を 18>
    一滴の勇気のしずくで誰かを勇気づけよう / 長谷静香

    <知って備えて 人生を楽しもう! 18>
    いろいろな介護のあり方 / 棒田明子

    <笑顔を増やそう! ハッピーレッスン 6>
    お互いの違いを知ろう ── 夫婦関係をハッピーにするには / 前野隆司・前野マドカ

    <日本さんぽ 6>
    秩父市(埼玉県) / 本誌 編

    <心に残る話>
    新聞配達の思い出 / 山口繁利

    <令和美人の暮らし方編 女徳なくして国は栄えず 54>
    出かけるときはハンカチと扇子を / 石川真理子

    <本のソムリエおすすめ本>
    ・『フツーに方丈記』
    ・『子どもたちに… いにしへのいろはことば』 / 本のソムリエ・「読書のすすめ」店長 清水克衛

    <利他に生きる──勇気と献身の自衛官たち 6>
    航空自衛隊 中部航空警戒管制団司令部 人事部厚生班長 一等空尉 菅原 正

    <親子で語り継ぎたいふるさと偉人伝 30>
    養父・秀吉と妻・豪姫への思いを胸に ── 波乱万丈の人生を生きた宇喜多秀家 / 白駒妃登美

    <誰だってしくじりながら生きている 18>
    自分が進む道は自分で決め、強い志を持って進めば必ず好転します / 藤林修一

    <タカシ先生に聞く 心と体のかけこみ寺 6>
    定年退職後の生活をイキイキと過ごすには ── 頼りになる〝役割〟をお願いしよう / 中田 孝

    <パパッと缶詰 もう一品 6>
    (ツ ナ)ツナと大葉のペペロンチーノ・ツナのしょうが煮
    (コーン)クリームコーンの洋風茶わん蒸し・コーンの炊き込みご飯/ 本誌編

    <読者のひととき>
    ・投稿コーナー

    <れいろうクイズ>

    <次号予告 / 編集つれづれ記>

     

    *…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

    定期購読のお申し込みはこちらから!


     

    誌名「れいろう」は、透きとおって光り輝く玉のような人間性を象徴する「八面玲瓏」という言葉からとっています。「れいろう」は、モラロジーに基づいた生き方を考えていく「心の生涯学習誌」です。”心のあり方が人生をつくる”を視点に、人間性・道徳性を育て、 豊かな人間関係を築いていくための情報を提供しています。