『れいろう』令和4年3月号
商品情報
『れいろう』令和4年3月号

自己中心にご用心──自他を苦しめる利己心

商品説明

今月の表紙:令和4年3月号「京紫」(表紙絵:おのでらえいこ)

幾重にも連なる赤いぼんぼりが桜並木を照らし、ライトアップされて雪をまとったような桜の巨木が、闇の中にまばゆく浮かび上がる。スマートフォンを片手に行き交う人々のさざめく中、夜空に溶け込んだ桜の花色があたり一面を艶やかな紫色に染める。たとえれば、数ある紫色の中の「京紫」。華やかな紫色の空気が、花の香りに匂い立つようだ。
 

自己中心にご用心──自他を苦しめる利己心

私たちは日常生活において、ついつい自分の立場や利益などを優先してしまうことがあります。この利己的な言動は、人間関係に衝突や対立を生み、自分も相手も苦しめることになります。今回は、“利己心”について考えてみましょう。

【主な内容】

<母を憶う 81>  
命の燃焼こそ真の親孝行 / 寺井一郎

<世界に誇るMade in Japan 3>  
ハーブ/ 野草研究家 山下智道

れいろうカレッジ> 今月のテーマ:自己中心にご用心──自他を苦しめる利己心

  • 【1限目 歴史】 
    利己的な言動で身を滅ぼした織田信長 / 歴史作家 河合 敦
  • 【2限目 道徳】 
    利己心を知る──自分中心ではなく相手中心の心づかいへ / モラロジー道徳教育財団生涯学習講師 市山英誉
  • 【3限目 誌上ゼミナール】 
    利己心とどう向き合うか? 廣池千九郎に学ぶ──いつも自分はどうかと反省する癖をつけなさい / 本誌 編 
  • <今日から始める自分磨きの習慣 99>
    熱を感じる / 三枝理枝子

    <おうちで楽しむ和の行事 15>
    ひな祭り / 三浦康子

    <勇気づけ自分育てであなた色の人生を 15>
    急がず焦らず、心の器を育てよう / 長谷静香

    <知って備えて 人生を楽しもう! 15>
    みんなが笑顔になる〝孫育て〟 / 棒田明子

    <笑顔を増やそう! ハッピーレッスン 3>
    SNSはハッピーに使いこなそう──幸福度を下げない関わり方とは / 前野隆司・前野マドカ

    <日本さんぽ 3>
    市原市(千葉県) / 本誌 編

    <心に残る話>
    包み込む慈愛 / 今井崇人

    <令和美人の暮らし方編 女徳なくして国は栄えず 51>
    正しい姿勢と深い呼吸、動作の前は一呼吸 / 石川真理子

    <本のソムリエおすすめ本>
    ・『心感覚』
    ・『小さい〝つ〟が消えた日』 / 本のソムリエ・「読書のすすめ」店長 清水克衛

    <利他に生きる──勇気と献身の自衛官たち 3>
     海上自衛隊 第二十一整備補給隊 一等海曹 猪狩一明

    <親子で語り継ぎたいふるさと偉人伝 27>
     台湾の人々を思う心がつないだ希望の光──インフラ整備に心血を注いだ八田與一 / 白駒妃登美

    <誰だってしくじりながら生きている 15>
     人生の分岐点は、思いがけないことに出合うチャンスかもしれません / 大久保静子

    <タカシ先生に聞く 心と体のかけこみ寺 3>
     幼児の言葉の遅れ──体を使って言葉と心を育てましょう / 中田 孝

    <パパッと缶詰 もう一品 3>
    (トマト)鶏肉とキャベツのトマト煮込み・トマトリゾット
    (ほたて)ほたて入り温野菜サラダ・ほたての卵雑炊/ 本誌編

    <読者のひととき>
    ・投稿コーナー

    <れいろうクイズ>

    <次号予告 / 編集つれづれ記>

     

    *…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

    定期購読のお申し込みはこちらから!


     

    誌名「れいろう」は、透きとおって光り輝く玉のような人間性を象徴する「八面玲瓏」という言葉からとっています。「れいろう」は、モラロジーに基づいた生き方を考えていく「心の生涯学習誌」です。”心のあり方が人生をつくる”を視点に、人間性・道徳性を育て、 豊かな人間関係を築いていくための情報を提供しています。