ニューモラルNo.582(平成30年2月号)
商品情報
ニューモラルNo.582(平成30年2月号)

人を育てる心

B6判

商品説明

【テーマ】人を育てる心

毎日、何気なく交わされる会話。
お互いの間では、きちんと思いが伝わることもあれば、すれ違いが生じることもあります。
また、何気なく発したひと言が相手の励みになることもあれば、反発を生むこともあります。
「語りかける側」の思いを誤りなく相手に伝えるには、何が必要でしょうか。

【今月の言葉】「待つ」という教育

私たちは一つの考え方に縛られやすく、「こうであればいいな」という程度だった気持ちも、やがて「こうでなければならない」に変わってしまうことがあります。
そうした考え方が、悩みや挫折の原因になるのでしょう。
子育てにおいても、親が「こうでなければ」と考えて指示を与えすぎるのではなく、子供が自分で考えて行動していけるよう、「待つ」という姿勢を大切にしたいものです。
「考える力」が育てば、知識や経験を組み合わせて柔軟に考え、悩みを解決していけるようになるのではないでしょうか。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*
「今月の言葉」に関心をお持ちの方に!!

<教育の大地――それは「信頼」>
『感動が子どもを育てる』
大町 正 著
(四六判・上製・312頁 定価:本体1,800円+税)

「子どもと親」「子どもと教師」「子どもと子ども」「親と教師」等々、さまざまな人間関係が繰り広げられる教育の現場。
そこで互いの信頼関係をどうつくり上げていくか――それは誰にとっても「他人事」とはいえない問題ではないでしょうか。
小中学校で35年の教員生活を送られた著者。
その後も長年、教育問題や児童文化の研究者として活躍されてきました。
本書には「一般論」や「たてまえ論」ではなく、具体的な実践事例として、子どもたちとの日常のやり取りや、時にはご自身の失敗談までもが綴られています。

著者は言います。

――大人は、子どもの人生をつぶすようなことをしてはならない。
子どもは「人間」として共感のできる条件や環境の中に置かれれば、いつだって自分の心を自分でふるいたたせ伸びていくものだ――

教師として、そして1人の大人としての、子どもたちに注ぐ温かいまなざしに満ちた1冊です。
詳しい内容はこちらから

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

< 年間購読のお申し込みはこちらから! >

※モラロジー研究所のホームページ(外部サイト)へ移行します
※年間購読料のお支払いは、郵便振替または、コンビニ決済のみとなっております。
お申し込みの際は、その他の決済方法をお選びいただけませんのでご注意ください。
※B6判 24ページ 毎月1日発行 定価40円(本体価格37円)

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*