『れいろう』平成29年11月号
商品情報
『れいろう』平成29年11月号

【特集】 母からの贈り物――きらめく人生の心得

商品説明

母の後ろ姿から心を学び、自らも母として子供たちに心のタスキを渡していく……。モラロジー研究所社会教育講師の高橋久子さんの心温まるメッセージ

【主な内容】

<母を憶う 33>
•感謝をすると運が開く / 小松 務
<STAGE 17>
• 最良最善に挑む / 天野 篤
<れいろうの目>  
•魂の教育者 / 廣池幹堂
<特集>  母からの贈り物 ―― きらめく人生の心得
•母は心の中に生きて ── 愛の後ろ姿を後世に / モラロジー研究所社会教育講師 高橋久子
•お母さん、幸せですか? ── 子供の生きる力の育て方 / 幼児教室コペル代表取締役 大坪信之
•誌上ゼミナール 子を思う母の姿に学ぶ ── 愛を広げ最高道徳の人となる / 本誌 編
<ポカポカかぞく 〜家族のきずなエッセイ〜 35>
•「柔道とお父さん」 / 井川雄登
<心に残る話>
•いつも味方はいる / 福室まなみ
<今日から始める自分磨きの習慣 47>
•毎日できる心の整え方 / 三枝理枝子
<七十二候の暦暮らし 47>
•虹蔵れて見えず / 広田千悦子
<地球さんぽ 11>
•ニューヨーク(アメリカ) / 本誌編
<さんぽのおとも 10>
•カップケーキ(アメリカ) / 本誌編
<鎌田式防災! 家族を守るハート&アクション 5>
•幼稚園選びの新基準 / 鎌田修広(文) 赤池キョウコ(構成・マンガ)
<教えてドクター! ホッと安心「ママの処方箋」 23>
•嫌がる理由を取り除いて / 木野 稔
<白駒妃登美の「なでしこ」歴史物語 45>
•君と民とのためならば ── 将軍に嫁いだ皇女和宮 / 白駒妃登美
<対談>
•つながり再生 ── 私たちはもっと支え合える / ルース・マリー・ジャーマン×山口権治
<じいちゃん、ばあちゃんが先生! 2>
•勇気をもちなさいって いわれるけど、どうやるの? / 山下惠司
<清水店長の「あなたに応えるこの一冊」 35>
•人工知能の開発が過熱しています。本当に人間とうまく共存できるでしょうか。 / 清水克衛
<それぞれの花 11>
•秋 空/ 文=田渕高志
<読者のひととき>
•投稿コーナー・写真川柳
•れいろうクイズ
•プレゼント企画
•誌友会案内 ぐるり全国 / れいろう誌友会 れいろう懇話会(北海道)
<親子で観たい! れいろうおススメ映画 3>
•あのころ私たちは皆一生懸命だった ――『真夏のオリオン』 / 足立早恵子

今月の表紙 : 11月号「きつね色」
きつねもたぬきも古来、人を化かす特技を持った身近な動物だが、きつねが神の使いとして稲荷大明神のお社や祠にうやうやしく祭られる一方で、たぬきは益子焼のこっけいなオブジェとなって、せいぜい飲み屋の店先に置かれたりしている。この扱いの差はどうしたものか。光輝く「きつね色」をはるかに通り越した「たぬき色」では豊穣や富貴、美味などのイメージを託せないということか。日本の伝統色に、その名を見いだせないのも無理からぬこととはいえ、たぬきには少し気の毒である。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*
誌名「れいろう」は、透きとおって光り輝く玉のような人間性を象徴する「八面玲瓏」という言葉からとっています。「れいろう」は、モラロジーに基づいた生き方を考えていく「心の生涯学習誌」です。”心のあり方が人生をつくる”を視点に、人間性・道徳性を育て、 豊かな人間関係を築いていくための情報を提供しています。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

< 年間購読のお申し込みはこちらから! >

※モラロジー研究所のホームページ(外部サイト)へ移行します
※年間購読料のお支払いは、郵便振替または、コンビニ決済のみとなっております。
お申し込みの際は、その他の決済方法をお選びいただけませんのでご注意ください。
※B5判 68ページ 毎月1日発行 定価390円(本体価格361円)

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*