『モラルBIZ』『モラルBIZプレミア』『ニューモラル』『れいろう』『まなびとぴあ』最新号発売!

「道徳の本屋さん」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
定期刊行物の最新号が発売になりました。詳しい情報は各紹介ページをご覧ください。

『モラルBIZプレミア』令和3年6月号
【道経一体の経営をめざして】「動機」の重要性に気づいたからこそ/ ㈱ダイキョープラザ代表取締役社長 杉 慎一郎


父が創業したローカルスーパーを受け継ぎ、地元・福岡を中心に事業を展開する杉慎一郎氏。
偉大な父の後ろ姿と、その思いが込められた経営理念、さらには道経一体の教え。葛かっ藤とうの中で見いだされた2代目の経営哲学についてお話を伺いました。

『モラルBIZ』令和3年6月号
【テーマ】「チームで働く」ということ――フォロワーシップを考える


すべての仕事はチームによって成し遂げられます。
チームをまとめながら成果を出すことが求められるリーダー。
それに対して、メンバーに必要な資質とは何か──これからの時代に求められるチームの成果を最大化し、健全な職場風土をはぐくむフォロワーシップについて考えます。

『ニューモラル』No.622(令和3年6月号)
【テーマ】時を味わう心


「あれもしなければ、これもしなければ」と、毎日を忙しく過ごしている私たち。
時間に追われる生活の中で、つい「心のゆとり」をなくしてしまうことはないでしょうか。
ときには少し立ち止まって、暮らしの中の「時間」と「心のあり方」を見つめ直してみませんか。

『れいろう』(令和3年6月号)
【テーマ】「慈愛の手」を持つ人でいよう


教えるのが得意な人、手の大きな人、
料理が好きな人、素敵な声の人――。
隣近所で困っている人を手助けするのに、
何も特別な力を身につける必要はありません。
あなたがすでに持っているものを、勇気を出して差し出してみる、
それだけで周りの人が救われることがあるのです。
殺伐とした世の中で、ほんの少し愛の手を差し伸べてくれる人が
側にいてくれたら、どんなに安心なことでしょうか。
慈愛の手を持つ人とはどのような人なのか、
ご一緒に考えてみましょう。

『まなびとぴあ』(令和3年6月号)

  • 連載「令和のオピニオン」 この世は「アンサング・ヒーロー」の贈与によって成り立っている― コロナ禍の1年/ 麗澤大学教授 八木秀次