ごちそうさま~学校のちょっといい話~

私がA区の小学校長に着任して、一年目の二学期のことです。
その日は、養護教諭が、朝から出張することになっていました。「校長が保健室を管理するから心配しないで行ってらっしゃい。」と、笑顔で送り出しました。
私が保健室に行くと、欠食児童の六年のK子がベッドで寝ていました。時々こうして給食の時間まで保健室で過ごしています。私は、校長室にあるカステラ二切れと蜂蜜たっぷりの紅茶を二人分準備して、保健室に運びましだ。
「校長先生と一緒に食べよう。」
彼女は初め躊躇していましたが、 私がベッドのカーテンを閉めると安心したようでした。
二人でベッドに座りました。
「校長先生もおなかペコペコ。さあ食べようね。」
と言って、お盆を差し出しました。K子はこっくりとうなずいて食べ始めました。
「お母さんは、夜遅くまで働いてあなたを育てているのだから、朝起きられない時もあるよね。お母さんに感謝はしても、決して恨んだりしてはいけないよ。校長先生との約束だよ。」
私はそう言って、K子の顔を見ました。K子はにっこりと笑っただけでした。
その後、お母さんのこと、友達のこと、いろいろな話をしながら、二人で食べました。十分ほどの時間が過ぎました。「美味しかった?」と聞くと、K子は大きくうなずきました。しばらくして、K子は元気を取り戻し、教室に戻って行きました。
翌日、校長室に養護教諭が血相を変えて駆け込んできました。
「校長先生、困ります。保健室で物を食べさせてはいけないことになっています。校長先生といえども、守っていただかなければ・・・。」
「確かに物を食べさせたことは私が悪かったです。でもね、あの子の様子を見ていると、どうしてもそうしたかったのです。規則があることは知っていました。学校というところは児童が仲良く元気に学ぶところでしょう。私はね、規則はそのためにあるのではと思います。もし、私が言ったことが間違っていたならば、私が食べさせたカステラは、物ではなく元気の出るお薬と思ってください。そうすれば、 規則違反にならないでしょう。」
と私が言うと、 彼女は、納得がいかないという表情で、
「それは屁理屈です。」と捨てゼリフを残して、校長室を出て行きました。
校内で校長の評判は低下してしまいました。
卒業式の日、私は壇上で、一人ひとりに「おめでとう」の言葉を添えて卒業証書を渡しました。皆「ありがとう。」と答えてくれました。しかしK子の答えは違っていました。小声で「ごちそうさま。」と言ったのです。
校門で卒業生を見送る私に、K子は寄ってきました。
「校長先生! 校長先生と食べたカステラと紅茶の味は忘れられません。辛くなったりくじけそうになったりしたら、あの味を思い出します!」
と言って、笑顔で巣立っていきました。私はK子の幸せを祈りながら、後ろ姿をいつまでも見送りました。
 

(『学校のちょっといい話』より)