『モラルBIZ』第3号(平成30年6月号)
商品情報
『モラルBIZ』第3号(平成30年6月号)

その親切は誰のため?

商品説明

【関連商品】初めての方にはこちらがおススメ!

【主な内容】

テーマ その親切は誰のため? ―― 部下を成長させるかかわり方

一樹一獲なるものは穀なり
一樹十獲なるものは木なり
一樹百獲なるものは人なり(『管子』)
人材育成は、それほど会社の将来に
多くの果実をもたらすものとなる、
ということです。
とはいえ、
樹木が急に大木とならないのと同じく、
百獲を得るに至るには、時間が必要です。
生産性や効率などスピードが求められる昨今、
部下や新人を
実のある成長をさせるために、
かかわる側に必要なものとは
なんでしょうか。

<まんが>
・「その親切は誰のため?」

<気づきのコラム>
・「その親切は誰のため?」

<幸せ仕事塾――心の働き方改革 3>
・たかが挨拶、されど挨拶 / (株)エンパワーリング代表取締役 上村光典

<格言に学ぶ人間力 3>
・運命の責めを負うて感謝す

<大人のためのこころのドリル 2>
・利他の心 / 監修:経営研究所ワンナップ代表 原 孝司

<モラビズ広場>
・考えて、話し合う、道徳の勉強会 / 岩槻青年勉強会

 


社内研修のテキストにもおススメします!

【「モラビズ研修」を始めませんか? 】

月刊誌『モラルBIZ』(略して「モラビズ」)をテキストに使った、従業員のビジネスモラルとモラールを高める研修会です。


【定期購読のご案内】

定期購読のお申し込みはこちらから!

※モラロジー研究所のホームページ(外部サイト)へ移行します
※定期購読料のお支払いは、郵便振替または、コンビニ決済のみとなっております。
お申し込みの際は、その他の決済方法をお選びいただけませんのでご注意ください。


働きやすい職場づくりは、一人ひとりの心づかいから。『モラルBIZ(ビズ)』は、創刊49年の看板雑誌『ニューモラル』の姉妹誌としてその持ち味を生かしつつ、「職場のモラル」や「働くことの意味」等“働く人”を対象としたテーマに特化し、社内勉強会でもご活用いただけるよう、誌面に工夫を加えたものです。
購読者専用サイト「モラビズネット」では本文の朗読音声をはじめ、関連資料等、社内勉強会をサポートする視聴覚コンテンツを提供しています。
社員教育に。仕事に悩んだときに。新社会人へのプレゼントに。一人ひとりの職場生活の充実や、よりよい企業風土づくりに向けてぜひご活用ください。