人物に学ぶ道徳授業
商品情報
人物に学ぶ道徳授業

モラロジーの教育観に立って

野口 芳宏 著

A5判 48頁

商品説明

カリスマ教師に学ぶ「本物の道徳教育」

「人として大切なこと」は、先人の生き方が教えてくれる! 授業名人の「語り」に子供たちの目が輝く。偉人伝(人物教材)を用いた道徳授業の実践提案。

【主な内容】

一、道徳教育の根本的な考え方

二、『新編小学修身用書』の著者 ―― 廣池千九郎

三、自国への誇りと愛と忠誠 ―― 「軍人」をどう伝えるか

四、バルチック艦隊を撃滅した東郷平八郎

五、難攻不落の要塞を破った乃木希典

六、明治維新のリーダー ―― 西郷隆盛

七、救国の大御心 ―― 昭和天皇

八、人物教材の価値と活用 ―― 発問のない授業・「語り」

【著者略歴】
野口 芳宏(のぐち よしひろ)

昭和11年(1936)、千葉県に生まれる。千葉大学教育学部卒業。千葉大学附属小学校教諭、公立小学校教頭・校長、北海道教育大学教授、麗澤大学講師、植草学園大学教授、千葉県教育委員等を歴任。現在、植草学園大学名誉教授、日本教育技術学会名誉会長、日本言語技術教育学会常任理事、公益財団法人モラロジー研究所教育者講師。著書に『縦の教育、横の教育』『子供の発信 親の決断』『子供の挑戦 大人の出番』(以上、モラロジー研究所)、『鍛える国語教室シリーズ』(明治図書出版)、『道徳授業の教科書』(さくら社)ほか多数。