『れいろう』平成30年4月号
商品情報
『れいろう』平成30年4月号

【今月の特集】 自らを省みる―― 持久微善を積んで撓まず

商品説明

「自らを省みる」をテーマに慈悲寛大自己反省に近づくヒントを考えます。
巻頭「STAGE」には、聴導犬訓練士の水越みゆきさんが登場です!

【主な内容】

<母を憶う 36>
•人を憎むな / 水元重夫

<STAGE 22>
•耳が聞こえない方のパートナーを育てる / 水越みゆき

<れいろうの目>  
•報道の自由 / 廣池幹堂

<特集>  自らを省みる ―― 持久微善を積んで撓まず
•〝おかげ〟に心を向けて ── 良い心づかいを積み重ねる / モラロジー研究所 生涯学習講師 結城 保
•己を忘れて他を利する ── 道徳心で育む祈りの習慣 / 比叡山延暦寺円龍院住職 宮本祖豊
•誌上ゼミナール 正義と慈悲(2) 廣池千九郎エピソード〜やってみれば分かる〜 / 本誌 編

<今日から始める自分磨きの習慣 52>
•「が」より「げ」の生き方を / 三枝理枝子

<心に残る話>
• 私は自転車行商人 / 新本高志

<鎌田式防災! 家族を守るハート&アクション 10>
•自治会、マンション、自主防災は周囲を巻き込んで / 鎌田修広(文) 赤池キョウコ(構成・マンガ)

<女徳なくして国は栄えず 4>
•婦 功 ── 「奥さま」は家庭の女王 / 石川真理子

<地球さんぽ 16>
•バオバブの並木道(マダガスカル) / 本誌 編

<祈りのしつらえ 4 >
• お釈迦様の誕生日 灌仏会 / 広田千悦子

<白駒妃登美の「なでしこ」歴史物語 50>
• 屈辱を幸せに変えて ── 日本初の女医・荻野吟子(1) / 白駒妃登美

<ポカポカかぞく 〜家族のきずなエッセイ〜 40>
• 「はなれていても」 / 宮城暖那

<対 談>
•あきらめない未来へ ── 心のバリアフリーで災強国家に / 中村 正善× 鎌田 修広

<じいちゃん、ばあちゃんが先生! 7>
•強い人って、どんな人?/ 加藤 栄一郎

<清水店長の「あなたに応えるこの一冊」 40>
•考え方に柔軟性がなくなってきました。頭を柔らかくする方法はありますか。/ 清水克衛

<それぞれの花 16>
•転 機 / 文=田渕高志

<パパッと旬菜 もう一品 4>
•レタスの酢もみ塩昆布・長いものこっくり焼き / 本誌 編

<読者のひととき>
•投稿コーナー
•れいろうクイズ
•プレゼント企画
•誌友会案内 ぐるり全国 れいろう誌友会 / 西都報恩サークル(宮崎)

今月の表紙 : 平成30年4月号「紫」
濃い紫の闇に沈む前の数時間の間、空が淡い薔薇色と淡い水色との微妙な二層になっている日がある。均一に混ざれば淡い紫になるところを、混ざろうか混ざるまいか惑っている様子にえもいわれぬ詩情がある。友禅染めや浮世絵版画に多用されるぼかし、グラデーションの技法は、こんな空を当たり前のように眺めることのできる湿潤な東洋の島国の人々の心根が洗練させたものなのではないか。春の空はどこまでもほのぼのと穏やかで、私の心もほのぼのと春である。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

誌名「れいろう」は、透きとおって光り輝く玉のような人間性を象徴する「八面玲瓏」という言葉からとっています。「れいろう」は、モラロジーに基づいた生き方を考えていく「心の生涯学習誌」です。”心のあり方が人生をつくる”を視点に、人間性・道徳性を育て、 豊かな人間関係を築いていくための情報を提供しています。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

< 年間購読のお申し込みはこちらから! >

※モラロジー研究所のホームページ(外部サイト)へ移行します
※年間購読料のお支払いは、郵便振替または、コンビニ決済のみとなっております。
お申し込みの際は、その他の決済方法をお選びいただけませんのでご注意ください。
※B5判 68ページ 毎月1日発行 定価390円(本体価格361円)

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*