ニューモラルNo.584(平成30年4月号)
商品情報
ニューモラルNo.584(平成30年4月号)

勉強するのはなんのため?

B6判

商品説明

【テーマ】勉強するのはなんのため?

「勉強するのはなんのため?」「学校で今教わっていることは、将来どんなふうに役立つのだろう?」­­――こんな疑問を抱いたことはないでしょうか。とりわけ苦手意識がある教科の勉強などに対しては、納得できる理由が欲しくなるもの。新年度を迎えるにあたって「人はなぜ勉強するのか」という問題について、あらためて考えてみましょう。

【今月の言葉】自分を肯定的にとらえる

スポーツの世界にはイメージ・トレーニングというものがあります。これと同じように、私たちの人生においても「自分はこんな人間になりたい」というイメージを強く持ち続けると、理想に近づいていくのではないでしょうか。自分に対する否定的なイメージは、自分自身を縛り、消極的な生き方になっていきます。そうではなく「自分にはこんなこともできる」「こんな長所もある」という、肯定的なイメージを持つのです。すると心が生き生きとして、困難に直面した際も前向きに乗り越える力がわいてくることでしょう。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

「今月の言葉」に関心をお持ちの方に!!

<読んで納得! 不朽のロングセラー>

『人はなぜ勉強するのか――千秋の人 吉田松陰』
岩橋 文吉 著
(四六判・168頁 定価:本体1,000円+税)

今月の『ニューモラル』のテーマに関心を持たれた方に、ぜひとも手に取っていただきたいのが、この1冊!発売以来9刷を数え、今なお多くの方々に親しまれている不朽のロングセラーです。

いのちの限り道を学び続けた幕末の志士・吉田松陰の生涯。そのひたむきな勉学の姿と、大きな志に学ぶ「活きた学問・勉学」のあり方とは?

中学・高校生を対象に行われた講演が元になっているため、やさしい語り口で、「勉強するのは何のため?」という誰もが一度は抱いたことがあるであろう疑問に対しても、『ニューモラル』本誌でのご紹介の通り、明快な回答が得られます。今まさに「勉強」と格闘している学生さんはもちろん、大人にとっても得るところのある内容です。吉田松陰ファン、歴史ファンだけでなく、幅広く、多くの方々にお勧めしたい1冊です。

詳しい内容はこちらから

こちらもお勧め☆ 吉田松陰の生涯の概略が「絵本」で学べます!
『親子で学ぶ偉人物語(1) 吉田松陰』
(河合 敦 監修・モラロジー研究所出版部編/B5判・カラー24頁/定価:本体300円+税)

「吉田松陰」を含む『偉人物語』のお得な10冊セットは、こちらから!
『親子で学ぶ偉人物語』
(化粧箱入り・10冊セット/定価:本体2,400円+税)

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

< 年間購読のお申し込みはこちらから! >

※モラロジー研究所のホームページ(外部サイト)へ移行します
※年間購読料のお支払いは、郵便振替または、コンビニ決済のみとなっております。
お申し込みの際は、その他の決済方法をお選びいただけませんのでご注意ください。
※B6判 24ページ 毎月1日発行 定価40円(本体価格37円)

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*