ニューモラルNo.583(平成30年3月号)
商品情報
ニューモラルNo.583(平成30年3月号)

「譲る」に益あり

B6判

商品説明

【テーマ】「譲る」に益あり

他人に何かを「譲る」ということ――それは「ただ自分だけが損をすること」なのでしょうか。
今月は「譲る」という心がけについて考えます。

【今月の言葉】終身路を譲るも百歩を枉げず

「終身路を譲るも百歩を枉げず」という言葉があります。一生涯、人に道を譲り続けたとしても、余分に歩いた距離の合計は百歩にもならないということです。「お先にどうぞ」と道を譲ることは、相手のために自分が犠牲を払う行為のようにも思えます。しかし、常に道を譲ることを心がける人は、必ず時間に余裕を持って出かけるようになるでしょう。その「心のゆとり」が安全運転につながり、交通事故を未然に防げると考えたなら、どうでしょうか。譲る心を持つことは、自分自身のためにも大切なことなのです。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*
「今月の言葉」に関心をお持ちの方に!!

<「譲る心」を説いた先人の生き方に学ぶ>
『親子で学ぶ偉人物語(9) 二宮金次郎』
河合 敦 監修
モラロジー研究所出版部 編
(B5判・カラー24頁 定価:本体300円+税)

今月の『ニューモラル』のテーマ「譲るに益あり」は、二宮金次郎の言葉。金次郎の名前は知っているけれど、具体的にどんなことをした人なの? ――そんなときにお勧めしたいのが、子供と一緒に学べる「絵本」です。小学校入学前〜低学年への「読み聞かせ」を念頭に作成した本文は、金次郎の生涯を、短くやさしい文章で味わうことができます。(漢字はすべて「ふりがな」つき)最大のお勧めポイントは、巻末に収録した偉人の生涯が5分で分かる「大人向けの解説」! すばらしい先人の「生き方」と「心」を、子供たちと一緒に学んでみませんか?
詳しい内容はこちらから

本書を含めたお得な10冊セット!
『親子で学ぶ偉人物語』 (化粧箱入り)

本格的に学びたい方にお勧め!
『二宮金次郎正伝』 (二宮総本家当主・二宮康裕著)

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

< 年間購読のお申し込みはこちらから! >

※モラロジー研究所のホームページ(外部サイト)へ移行します
※年間購読料のお支払いは、郵便振替または、コンビニ決済のみとなっております。
お申し込みの際は、その他の決済方法をお選びいただけませんのでご注意ください。
※B6判 24ページ 毎月1日発行 定価40円(本体価格37円)

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*