教育は国家百年の大計
商品情報
教育は国家百年の大計

私の教育改革試論

占部 賢志 著

四六判 191頁

ISBNコード:978-4-89639-249-4

商品説明

家庭と学校、そして地域との親和がもたらす教育力――

日本はかつて、世界に冠たる教育立国であった。百年の大計の再構築は、その教育風土の再建から!大局を見据えた「教室からの提言」

【目次】

第一章 教育は国家百年の大計

日本民族の真骨頂
•教育は文化の継承にあり
•「地の塩」としての教育風土
•学ぶことを貴ぶ国柄

道徳教育の本筋
•昨今の底の浅い道徳論議
•「良心を誘発するもの」
•「知育」と「徳育」は分けるべからず

「伝統」で混迷打開を
•「伝統」の意味と歴史
•被災地に甦った班活動の体験
•「向こう三軒両隣」の文化を活かす

世界史的視野に立つ「総合日本史」創設の提唱
•地歴独立の意義
•世界史必履修化の背景
•内と外からのアプローチを

大学秋入学を活かす奉仕活動の導入
•お手伝いと道徳心
•大学秋入学を活かすベストの企画
•目指すは日本流の「ノーブレス・オブリージ」

先人の苦闘の歴史を教える環境教育を
•なおざりにされてきた森の文化
•剣岳山頂の錫杖
•森を築いた先人の知恵と情熱を学べ

戦後教育を総点検して「危機管理教育」の導入を
•中教審を動かした釜石の子供たち
•スイスの『民間防衛』に学べ
•危機に備える必修教科の創設を

官民の連携による道徳教材の「全国公募」を
•名作「稲むらの火」の主人公
•戦前の文部省の英断
•道徳教材は公募すべし

「和魂」を取り戻せ――日本を学ぶ専門の教科を
•「日本」不在の教育界
•小さな外交官のための「私塾」
•「和魂洋才」の新設教科を

言霊幸う国の民よ、言語感覚を取り戻せ
•乱れゆく言葉を糺せ
•亡国の兆し──カタカナ語の氾濫
•国を守る真の国語教育を

「辞書」に思う――学問の水先案内人を活用せよ
•辞書と私
•新旧で判断すべからず
•国語統一は「独立の標識」

もてはやされるコミュケーション能力に苦言を呈す  ――人間の資質・能力は単純ではない
•世渡り上手が評価される風潮
•「巧言令色」と「弁論術」
•「百尺下の水の心を、水の深さを」

道徳教材を再考せよ――「偉人伝」にふさわしい人物を
•社会貢献を教えない日本の学校
•「偉人」とは何か
•何を貴いと見るか

「役立ちたい」心を大きく伸ばせ――先般の国際比較調査に思う
•世界最下位の自衛意識
•見るに忍びない祖国の現状
•どんな機縁を提供できるかが勝負

「対話の文化」を復活させよ――ほめる教育の光と影
•「ほめられる子供は伸びない」
•私の流儀──人を介してほめる
•流れ星をめぐっての絶妙の応答

広がる「合意」の思想――縦軸の家族文化で立ち向かえ
•「愛」から「合意」へ
•三世代同居と学力テスト
•祖父と孫の合作論文

子供は本来冒険者――少年よ、温室を出よ
•球磨川の思い出
•一夜の冒険
•子供たちが学んだもの

旅と道草こそ子供のワールド――「泣こよっか、ひっ翔べ」
•「一人旅」のすすめ
•野菊と寄せ書きの収穫
•忘れられない「川の神」

学校――その不思議な魅力
•久しぶりに再会した子供たち
•海上を漂流する少女を支えた校歌
•マララの国連演説

第二章 学校教育の現場から

教育を歪めた「子供中心主義」――教師は子供のサポーターではない!
•子供の目線に合わせるな
•ジョン・デューイは参考にならない
•教育と遊びは違う

いじめに教師は立ち向かえ
•偏った教育観が増幅させた「いじめ問題」
•いじめる加害生徒を叩き直せ
•あやかりたい人と共に生きよ

子供に喧嘩のルールを――勝っても負けても爽やかな世界
•喧嘩といじめが違う点
•卑劣な人間にならないために
•人には毅然と立ち向かわねばならない時がある

教師は心して言葉を磨け――短歌がはぐくむ道徳心
•心の訓練と短歌
•言葉を推敲すれば心が変わる
•独特の国語体験

流行のICT教育に苦言を呈す――教師は授業の腕を鍛えよ
•ICT教育に異議あり
•言語脳学者からの警告
•デジタル教材に負けてはならない

体育は基礎基本に還れ――生涯スポーツの発展のために
•憂うべき「体力低下」
•「選択制体育」の弊害
•食わず嫌いになりかねない体育

教師は切磋琢磨の関係たれ――持ち味を発揮し、調和しつつ
•核心は教師論
•一献酌み交わせ
•外から見たら……
•本立ちて道生ず

機微を読み取る眼を磨け――公平で生きた教員評価を
•神は細部に宿る
•評価に必須の「観の目」
•自己評価の心理

PTAを刷新せよ――「地域の教育力」の復活を
•失われた地域の緊張感
•健全育成は縦軸の連携がカギ
•大人社会を刷新する決め手

学校はチームで犯罪を抑止せよ――佐世保の高一殺害事件に思う
•打つべき手は打たれていたのか
•なぜ抑止力は発動しなかったのか
•活きたチームプレーこそ「魔物」に対抗できる

いじめ防止対策推進法はできたけれど
•事あらばアンケートとは情けない
•学校の対応は改善できるのか
•課題は加害者の指導

「本物の教師」の出現を期す――読者へ願いを込めて
•悪戦苦闘する教え子
•「魂がうつる」
•あやかりたき人と共に
•「生きた思想、それが大事だ」

第三章 道徳の小窓――生き方の鑑としての歴史
•稲むらの火――本物の国語が伝えた道徳心
•佐久間艇長の遺書――生還不能の中、職を全う
•明治天皇――「海の日」と東北御巡幸
•有島生馬画伯の絵――日本とベルギーの友情秘話
•ヘダ号――安政東海地震とロシア船救助
•吉田松陰――兄として生きた知られざる人間像
•日本の捕鯨文化――もたらす恵みに感謝と弔意
•「大和魂」とは何か――知識に負けない精神の働き
•荘川桜移植に挑んだ男たち――笹部新太郎が示した日本人の絆
•台湾の「松下村塾」――芝山巌学堂に殉じた六士先生
•角倉素庵の手紙――波濤を越えた外交哲学
•中江藤樹と『捷径医筌』――「我了佐ニ於テ幾ド精根ヲ尽ス」
•市丸利之助と少年兵――硫黄島ローソク岩の光景

あとがき

【著者略歴】
占部 賢志 (うらべ けんし)

昭和25年福岡県生まれ。九州大学大学院人間環境学府博士後期課程単位取得退学。福岡県の高校教諭を経て、中村学園大学教育学部教授。NPO法人アジア太平洋こども会議イン福岡「世界にはばたく日本のこども大使育成塾」塾長、古典輪読会「太宰府斯道塾」塾長、一般財団法人日本教育推進財団顧問等を務める。著書に『歴史の「いのち」』全2巻(モラロジー研究所)、『語り継ぎたい美しい日本人の物語』(致知出版社)、『私の日本史教室――甦る歴史のいのち』(明成社)、『立志の若者へ』(福岡城南ロータリークラブ)等がある。